ジャンプメニュー

  1. 子供のためのインターネットの主な危険性
  2. 親は子供のiPhoneメッセージを監視する必要がありますか?
  3. 無料および有料の方法を使用してiPhoneでテキストを監視する方法
  4. iPhoneテキストメッセージ用のペアレンタルコントロールアプリはどのように機能しますか?
  5. iPhoneで子供のテキストを読むためのアプリをインストールする方法
  6. インストールされたiPhoneメッセージスパイソフトウェアから得られるもの
  7. 組み込みのiPhone機能を使用してお子様をオンラインで安全に保つ方法は?
  8. 閉じた思考
読書の時間: 10

今日、親がiPhoneで子供のテキストメッセージを監視したいのは当然のことです。 幼児は周囲のものに対して非常に脆弱であり、不適切なコンテンツの犠牲になる可能性があります。 このようなメッセージは、セクスティング、麻薬、ネットいじめを目的としている可能性があります。 親として、あなたはあなたの子供がそのようなコンテンツにアクセスすることを望まないでしょう。それで、あなたの子供のiPhoneを監視することは非常に合理的になります。 そこで、「iPhoneで子供のテキストメッセージを監視するにはどうすればよいか」という質問に対する答えを読んで調べてみましょう。

あなたの子供のテキストを取得します

子供のためのインターネットの主な危険性

インターネットは両刃の剣であり、子供の未来を良くも悪くも形作ることができます。 大人とは異なり、若者はまだ形成期にあり、ウェブ上で見つけたコンテンツの影響を受けやすくなっています。 彼らがインターネットにアクセスすることを完全に否定することはできないので、彼らを保護する最善の方法は、彼らのオンライン活動を注意深く監視することです。

あなたがあなたの子供を保護する必要がある最も重大なインターネットの危険のいくつかは以下を含みます:

ネットいじめ: の厳しい結果 2018調査 ソーシャルメディアプラットフォームを頻繁に利用する子供たちの約60%が何らかの形のいじめを経験しており、そのほとんどがそのような不幸な出来事を自分自身に留めていることを示しています。 2018年に発行された同様に気になるレポート 十分な.org は、すべての若者の47%(ほぼ半分)がネットいじめの餌食になっていることを示しています。

mspyアプリ

サイバープレデター: インターネットは、子供たちの素朴さを利用して実生活で子供たちを搾取するオンライン捕食者でいっぱいです。 これらの捕食者は、ソーシャルメディアやゲームプラットフォームなど、子供たちがぶらぶらするのが大好きな場所に潜んでいます。 彼らはマインドゲームと匿名性を使って子供たちを彼らの不吉な計画に引き込みます。

個人情報の取り扱いの誤り: あなたの子供は、悪意のある人々が襲う可能性のある非常に機密性の高い個人情報を無邪気に開示する可能性があります。 たとえば、家族での休暇、自宅の住所、実際のイベントについてソーシャルメディアに公開する場合があります。

フィッシング: また、子供は大人よりもフィッシング攻撃に陥る可能性が高くなります。 サイバー犯罪者や脅威アクターは、フィッシング攻撃を使用して、連絡先情報やクレジットカードの資格情報など、子供のiPhoneから多数の機密情報を取得できます。子供がフィッシング攻撃を受けないように監視する必要があります。

詐欺: インターネットには、未成年者や若者を狙った詐欺師もたくさんいます。 これらの詐欺師は、ゲームや景品などへの無料アクセスなど、子供たちにアピールするクリックベイトを使用します。詐欺師は、子供たちがたむろする場所の周りに潜んでいて、潜在的な被害者を綿密に追跡し、贈り物や約束で誘い込みます。

マルウェア: また、お子様は、デバイスに保存されている機密情報を盗難にさらすマルウェアをダウンロードする可能性が高くなります。 サイバー犯罪者は、マルウェアを使用して子供のデバイスを「ボットネット」に変換し、デバイスのコンピューティングリソースを使用して悪意のある活動を強化することもできます。

親は子供のiPhoneメッセージを監視する必要がありますか?

世界のほとんどの地域では、他の人のテキストメッセージをスパイすることは違法です。 ただし、親として、「iPhoneで子供のテキストメッセージを監視するにはどうすればよいか」と疑問に思っている場合は、形成期に子供を保護するために、親の本能から監視していることになります。 そのため、お子様のテキストメッセージを監視することは完全に合法かつ倫理的です。

テキストメッセージの監視は、オンラインリスクから子供を保護するためのFBIの推奨事項の中核でもあります。 ただし、戦略は、子供たちの背後で取られた追跡手段と、子供たちの脆弱性に関して公然と関与するダイアログを組み込むことで、バランスの取れたものにする必要があります。

彼らの投稿のほとんどは公開されており、悪意のある人々がアクセスできるため、ソーシャルメディアで子供が何をしているのかを追跡する必要があります。 あなたは彼らの投稿について率直に話すことができますが、彼らがそれについて話すのは恥ずかしすぎるので、彼らが不吉なものを隠していないことを確認するために彼らを後ろから監視することも不可欠です。

お子様のメッセージをiPhoneで取得して、お子様がスミッシングやビッシング(テキストメッセージやボイスメッセージを介して実行されるフィッシングプロット)の餌食になるのを防ぐ必要があります。 あなたは子供たちにフィッシングメッセージを識別して無視するように教え、彼らがあなたの警告に注意を払うことを確実にするためにテキストモニタリングでフォローアップする必要があります。

mspyアプリ

このXNUMXつの戦略は、子供を詐欺師から保護するのにも役立ちます。 悪意のある人々とやり取りするゲームプラットフォームやソーシャルメディアサイトで子供を保護できない場合は、テキストメッセージを追跡して、現実の世界で展開される悪意のある計画を阻止することができます。

無料および有料の方法を使用してiPhoneでテキストを監視する方法

1.無料の方法

テキストメッセージの転送:

iphone

息子のiPhoneテキストメッセージを追跡する最も簡単な方法のXNUMXつは、着信および発信テキストメッセージを電話に転送できる組み込み機能を使用することです。

テキスト転送を設定する iPhoneの場合:

  1. 設定メニューを開き、メッセージに移動します
  2. 「送受信」をクリックします。 次のページで、お子様のテキストメッセージを監視する電話のAppleIDを入力します。
  3. [設定]メニューのメインページに戻り、もう一度[メッセージ]を選択して、[テキストメッセージの転送]オプションをオンにします。
  4. メッセージの転送先のデバイスを選択します。
  5. 確認コードのキーが送信され、それだけです。

ただし、最近のテクノロジーに精通した子供たちは、テキストメッセージが転送されていることにすぐに気付くことができます。 これは、この方法が最も単純な方法のXNUMXつであると同時に、最も効果の低い方法のXNUMXつであることを意味します。 さらに、この方法では、暗号化されたメッセンジャーやその他の安全性の高いメッセージングプラットフォームでの秘密の会話はカバーされません。

iCloudモニタリング:

娘のiMessageを追跡するもうXNUMXつの無料で簡単な方法は、娘のiCloudアカウントと同期することです。 iCloud同期機能を使用すると、iPhone上のすべてのデータに別のデバイスからリモートでアクセスできます。

この機能は、iOS 12以降で実行されているデバイスでのみ使用可能であり、お子様のAppleアカウントの資格情報が必要であることに注意してください。

iCloudメッセージ同期を使用してお子様のテキストメッセージを追跡するには:

    1. 設定アプリを開き、デバイス名をクリックして、電話のiCloudとAppleIDを入力します
    2. iCloudの下で、「メッセージ」の横にあるボタンを切り替えると、それだけです。 これで、同期プロセスが完了するまで数分待つ必要があります。

繰り返しになりますが、技術に精通した子供たちは、あなたがiCloud同期を通じてメッセージを追跡していることを簡単に見つけることができます。 したがって、この方法を使用する場合は、捕まる可能性が高いため、計画bを用意する必要があります。

2.テキストメッセージ用のiPhoneペアレンタルコントロールアプリ

mSpyレビュー–大騒ぎせずにすべての子供のオンライン活動を監視する

テキストメッセージを監視するためのペアレンタルコントロールソフトウェアは、インストールと使用が簡単な非常に洗練されたツールです。 これらのアプリはシークレットモードで動作し、お子様のすべてのテキストメッセージにリモートアクセスできるため、いつでもどこでも、捕まることなくメッセージを確認できます。

mSpyペアレンタルコントロールをお試しください

最高の保護者用監視ソフトウェアは、事前の技術的経験がなくてもセットアップして使用でき、ターゲットの電話に物理的にアクセスする必要もありません。 また、シームレスで効果的な監視を容易にする高度な機能が多数付属しています。

mSpyのようなトップドローのテキスト監視アプリは、送信者/受信者の連絡先の詳細、画像や音声メッセージなどの共有マルチメディアコンテンツ、日時など、ターゲットの電話での着信メッセージと発信メッセージの完全な詳細を開示しますメッセージにスタンプ。 このアプリは、メッセージが正常に送受信されたかどうかも表示し、削除されたテキストメッセージも開示します。

一流の親の監視アプリには、暗号化されたメッセージングプラットフォーム、Facebook、Twitter、Whatsapp、Instagram、Snapchatなどのソーシャルメディアプラットフォームなど、他のメッセージングプラットフォームでのお子様のアクティビティを追跡する機能も備わっています。

これらのアプリのほとんどは、ターゲットの電話の通話記録も開示し、発信者/受信者の連絡先の詳細や通話時間など、すべての着信および発信通話の詳細を確認できるようにします。 このアプリを使用して、お子様の電話で特定の番号をブロックすることもできます。

mSpyのような優れたアプリは、お子様の以前と現在の位置を明らかにする位置トラッカーも提供します。 また、特定の期間中に子供が学校や家などの指定されたゾーンを超えたときに警告を発するジオフェンス機能もあります。 この機能はWi-Fiで機能し、GPSカバレッジがなくても子供の位置を追跡できます。

あなたがテキストメッセージの監視の理由があるならば、あなたは間違いなくあなたの子供のオンライン活動をチェックしたいさらに多くの理由があるでしょう。 一流の保護者向け監視アプリの作成者はこれを知っており、アプリでお子様のオンラインアクティビティを明らかにすることができます。 mSpyのようなアプリを使用すると、お子様の閲覧履歴やブックマークされたページなどを確認できます。

iPhoneテキストメッセージ用のペアレンタルコントロールアプリはどのように機能しますか?

ソフトウェアをインストールするための要件

オペレーティングシステム要件: mSpyのような一流のアプリには、モバイルおよびデスクトップオペレーティングシステムごとに複数のバージョンがあります。 mSpyは、iOS 6〜13バージョンで実行されているAppleデバイスをサポートします。 ただし、ターゲットの電話は、アプリの実行とリアルタイムの更新の送信を維持するために、Wi-Fiまたはセルラーデータのいずれかを介してインターネット接続を有効にする必要があります。

物理的アクセス: 一部のペアレンタルコントロールアプリでは、ターゲットの電話を手に取ってアプリを物理的にインストールする必要があります。 ただし、mSpyのように、完全にリモートで動作するものもあります。 mSpyにお子様のiPhoneアクティビティに関する情報を送信させるために必要なのは、iCloudのクレデンシャルだけです。
お子様の携帯電話(お子様が攻撃する可能性が最も高いアプリ)にアプリをインストールすることで発生する可能性のある不便を心配する必要はありません。
ターゲットの電話でiCloud同期がアクティブになっている限り、mSpyを使用すると、iCloudアカウントにバックアップされた情報を複製することにより、iPhoneで生成および保存されたすべてのデータのコピーを取得できます。

脱獄: また、保護者による監視アプリの特定の機能を利用するために、場合によってはiPhoneをジェイルブレイクする必要があります。 ジェイルブレイクとは、オペレーティングシステムのいくつかの制限を取り除き、より多くのコンテンツやアプリを電話にダウンロードできるようにすることです。 iPhoneでは、ジェイルブレイクを使用すると、AppStoreで入手できないアプリをダウンロードしてインストールできます。
脱獄には電話への物理的なアクセスも必要であるため、このオプションは、監視キャンペーンをすぐに秘密にしておく必要がある親には適していない可能性があります。 ありがたいことに、mSpyのような高度なアプリは、ジェイルブレイクされていない電話で子供のテキストメッセージを監視するために必要なすべてを提供します。
mSpyのさらに便利な点は、ジェイルブレイクされた電話とジェイルブレイクされていない電話の両方で機能することです。ただし、インストール方法ごとに、わずかに異なる機能のセットが使用できます。

iPhoneで子供のテキストを読むためのアプリをインストールする方法

ステップ1:iCloudをアクティブ化する
iphone

まず、ターゲットの電話でiCloud同期がアクティブになっていることを確認する必要があります。 これを行うには、ターゲットデバイスの[設定]> [iCloud]> [バックアップ]に移動し、iCloudでバックアップできるすべての機能をオンにします。 また、お子様のApple IDのXNUMX要素認証をオフにして、携帯電話に監視ソフトウェアをセットアップするときにAppleの資格情報を簡単に使用できるようにする必要があります。 また、ターゲットの電話がアクティブなインターネット接続を持っていることを確認する必要があります。

ステップ2:mSpyサブスクリプションパッケージを選択する

mspyプラン

次に、mSpyの公式Webサイトにアクセスし、アカウントを登録してから、独自のニーズに合ったサブスクリプションパッケージを選択します。 請求フォームに詳細を記入してから、チェックアウトに進みます。

ステップ3:確認メールの指示に従います

サブスクリプションパッケージの支払いが正常に完了すると、指定した電子メールアドレスに確認メールが送信されます。 メールには、mSpy IDとパスワードのほか、アプリの設定方法に関する詳細な手順が記載されています。 指示に従い、コントロールパネルを設定します。 さらに、mSpyは、インストール中に発生する可能性のある問題を解決するために、24時間年中無休の技術支援を提供します。

ステップ4:子供のテキストメッセージの取得を開始します

アプリが携帯電話に正常にインストールされたら、プロンプトが表示されたらお子様のAppleクレデンシャルを入力します。これで完了です。 あなたはいつでもどこでもあなたの電話を取り出してあなたの子供のiPhoneの活動をチェックすることができます。

インストールされたiPhoneメッセージスパイソフトウェアから得られるもの

前述のように、iPhoneメッセージスパイソフトウェアから取得できる一連の機能は、選択したサブスクリプションパッケージによって異なります。 サブスクリプションパッケージ間の主な違いは、脱獄の要件です。 たとえば、mSpyのようなアプリの場合、ジェイルブレイクパッケージとアンジェイルブレイクパッケージから取得できる機能の概要は次のとおりです。

  • インスタントメッセージへのアクセス:お子様の着信および発信テキストメッセージを読みます。
  • ソーシャルメディアアクティビティへのアクセス:FacebookからWhatsapp、Instagram、Skype、およびその他のホストまで、さまざまなソーシャルメディアプラットフォームを介して送受信される投稿、プライベートメッセージ、およびダイレクトメッセージを監視します。
  • 通話記録へのアクセス:発信者/受信者の連絡先情報や通話時間など、すべての着信および発信通話の記録を表示します。
  • 閲覧アクティビティの監視:お子様の閲覧履歴、ダウンロードおよびアップロードされたファイル、ブックマークされたページなどを確認します。

非脱獄方式の場合:

  • 脱獄パッケージで利用可能なすべての機能へのアクセス。
  • 電子メールへのアクセス:すべての受信および送信電子メール、および送信者/受信者の連絡先の詳細を表示します。
  • GPS追跡:お子様の以前と現在の位置を追跡します。 また、ジオフェンス機能を使用すると、子供が指定された境界を越えたときにそれを知るためのアラートシステムを設定できます。
  • SIM変更通知:対象の電話でSIMカードが変更されたときにアラートを受信するため、監視キャンペーンを維持するために必要な調整を行うことができます。
  • 自動ソフトウェアアップデート:アプリをさらにリソースと信頼性の高いものにするソフトウェアアップデートを入手してください。
  • キーロガー機能:この機能を使用すると、ターゲットの電話で押されたすべてのキーの記録を受け取ります。

組み込みのiPhone機能を使用してお子様をオンラインで安全に保つ方法は?

「お金をかけたり、高度な技術的手法を実装したりせずに、どうすれば子供のiPhoneを監視できるのか」と疑問に思っている場合は、子供のiPhoneに組み込まれているペアレンタルコントロール機能を使用できます。 これらの機能を使用すると、お子様が安全のために電話の特定の機能を使用できないようにすることができます。 組み込みのペアレンタルコントロール機能を使用して実装できる対策の概要は次のとおりです。

  • アプリの制限:ゲームアプリ、ソーシャルメディアアプリなどの特定のアプリへのアクセスをブロックまたは制限します。また、アプリがマイク、連絡先、カレンダー、ロケーションサービス、リマインダーなどの電話のハードウェアコンポーネントや機能にアクセスできないようにすることもできます。メディアやアップルミュージックなど。
  • ダウンロードの制限:お子様が露骨なコンテンツやアプリをダウンロードまたは購入できないようにします。
  • 位置情報サービス:アプリやウェブサイトが電話の位置を追跡しないようにします。
  • Webコンテンツの防止:成人向けまたは露骨なコンテンツを含むサイトから子供を遠ざけます。
  • アプリと機能へのアクセスを規制する:これにより、特定の機能とアプリへのアクセスを防ぐことができます。ブロックされたアプリまたは機能は、削除されずに非表示になります。
  • Bluetooth共有:お子様がBluetoothを介してデータやファイルを送受信できないようにします。
  • Siri Web検索:お子様がSiriを使用してWeb検索を実行できないようにします。

    閉じた思考

    お子様のiPhoneを監視する最良の方法は、保護者による監視ソフトウェアを使用することです。 保護者による監視アプリを使用すると、お子様の電話のアクティビティについて心配する必要がなくなります。 あなたはあなたの子供が教育と啓蒙の目的のためだけに彼らの電話を使うことを確実にすることができるでしょう。 あなたは彼らの子供たちの無実を傷つけたり、生涯にわたるトラウマを引き起こすかもしれないどんな活動からも彼らを守ることができるでしょう。

    これらのアプリを使用すると、テキストメッセージから通話、ブラウジングアクティビティ、ソーシャルメディアの投稿まで、お子様の電話アクティビティをリモートで確認できます。 セットアップと使用は簡単で、mSpyのようなものは、監視キャンペーンを妨げる可能性のある問題を解決するのに役立つ24時間年中無休のテクニカルサポートを提供します。